日本発の世界的映像クリエイターを輩出することを目的に

"REIWAbema Project"(令和ベマ プロジェクト)を立ち上げました。

新時代・令和を担う才能への総資金は30億円。


このプロジェクトでは制作資金も作品を映す媒体も、未来の才能へ注ぎます。

日本のみならず世界の人たちの心を動かすクリエイターを

AbemaTVが徹底サポートする計画、

それが"REIWAbema Project"(令和ベマ プロジェクト)です。



以下の要件を満たすコンテンツの企画を募集します。

■テーマ

『令和時代の若者を熱狂させる作品』


■ジャンル

『映像作品』 ※ジャンルは問わない


■その他

  • ・企画段階であり、応募時点において、ほかで発表・公表されていないもの
  • ・クリエイター自身のオリジナル企画であること
  • ・他者の権利を侵害したり、法的に問題のある内容でないこと
  • ・下記の各事項すべてに同意すること(同意いただけない場合は選考対象から外れていただきます)


申請者は、以下の要件を満たすものとします。

  • ・個人としての応募であること。ただし、申請者が企業等に所属していても構いません。また、コンテンツ制作にあたって、外部の個人や制作会社の協力を得ることは可能です。
  • ・応募時点で満20歳以上であり、制限行為能力者に該当しないこと。
  • ・企画が選ばれた場合には、AbemaTVによる取材を受けるとともに、その様子が番組として配信されることを理解し、そのことを了承していること。
  • ・運営事務局、AbemaTV及び番組制作会社 (以下「事務局等」という) が求める、番組制作や事業の実施に必要な情報の開示や提供、その他協力依頼に応じられること。
  • ・暴力団、暴力団員、及びこれらに類する組織や個人ではないこと。また、これらの組織や個人と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。


■応募締切

2019年7月1日 (月) 24時


■応募書類

<1次審査応募方法>

  • ・専用のエントリーフォームから必要事項を記載の上、以下2点の応募データを添付しご応募ください。
  1. 1.企画情報(募集ページよりダウンロード)※指定フォーマット有り
  2. 2.追加情報(あらすじ、プロット、補足情報等)※指定フォーマット無し(A4用紙5枚以内)
  • ・提出された応募書類は、本募集におけるコンテンツ企画の選考、AbemaTVによる番組制作、及び関連する連絡以外の目的には使用いたしません。なお、選考にあたって、応募書類を事務局等において共有いたします。


■応募書類の提出先

応募フォームはこちら

※持参、郵送、FAX等による提出は受け付けません。書類に不備がある場合は、選考対象となりませんので、注意して記入してください。


期日までに応募のあった企画について、以下の通り選考を実施いたします。なお、選考理由等につきましては開示いたしませんので、あらかじめご了承のうえご応募ください。

■事務局等/番組スタッフによる書類確認

  • ・一次審査:

    応募されたプロットを事務局等にて審査し、最大100本を選定いたします。

    ※選定された作品の3分尺の映像を制作していただきます。

  • ・二次審査:

    制作された3分尺の映像を事務局等が審査し、最大10作品を選定いたします。

    ※選定された作品の映像を制作していただきます。


■最終審査(審査員審査)

制作された最大10作品の映像を審査員が審査し、優秀賞作品(最大1本)を選定いたします。

※優秀賞作品が出た場合、「AbemaTV」オリジナル作品としての番組化権を付与し、映像を制作していただきます。


■コンテンツ制作費の支給

  • ・一次審査を通過した最大100本の作品には、AbemaTVよりトレーラー制作費20万円を支給いたします。
  • ・二次審査を通過した最大10本の作品には、AbemaTVより映像制作費300万円を支給いたします。
  • ・最終審査(審査員審査)により、優秀賞作品が出た場合は、AbemaTVより作品化に伴う全制作資金と番組化権を支給いたします。


■映像の権利帰属

ご応募いただいた方には、AbemaTVが企画する「REIWAbema Project」により制作された画像・映像(一次審査及び二次審査を通過した作品の映像、並びに審査員審査により最優秀作品に選ばれたのちに、AbemaTVより制作費の支給を受けて製作したコンテンツを含む)の一切の権利(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は、AbemaTVに帰属し、AbemaTVが期間・地域を制限せず自由に利用することに予め同意いただきます。

また、上記の利用について、著作者人格権を行使しないことを保証していただきます。

まだ記事がありません。